交通事故被害の示談方法
  • HOME » 
  • コラム » 
  • 自分が物損事故を起こした

交通事故で弁護士に依頼するメリット

交通事故に合ったら弁護士に依頼するという人は少ないかもしれません。ですが、弁護士に依頼するメリットはいくつかあるのでそれを紹介したいと思います。

まず、交通事故に合ったときに大変なのは相手とのやり取りですよね。自分で保険会社とのやり取りをしなくてはいけないので大変ですし、思い通りに進まない可能性もあります。しかし、弁護士に依頼すれば保険会社とのやり取りはすべて弁護士が行なってくれるので交通事故被疑者はわずらわしいやり取りを任せて治療に専念する事が出来ます。交渉もすべて弁護士が行なうので自分で交渉する必要がないので、忙しい人には特におすすめです。

また、弁護士を通すと賠償額が増額するというメリットがあります。被害者自身で保険会社と交渉すると保険会社は自社の基準で慰謝料等を算出して示談額を提案してきます。その金額もきちんと計算した金額か分からないときがあると思います。保険会社は支払う保険金を少なくすることで利益が上がるので、低い金額を設定しており正当な金額を請求できない場合があります。

しかし、弁護士に依頼すると裁判所の基準で示談交渉するので被害者本人と保険会社とのやり取りで獲得できる賠償額よりも大幅に増額できる可能性が高くなるので正当な金額を請求したいときに弁護士はメリットがあります。もちろん弁護士費用がかかりますが、正当な金額が欲しい場合は弁護士に依頼すると良いでしょう。