交通事故被害の示談方法
  • HOME » 
  • コラム » 
  • 自分が物損事故を起こした

自分が物損事故を起こした場合の対応方法

この場合は、自らの運転により、人間などでは無くて車両を他人が所有をしている動産や不動産などにぶつけたりして、損害を起こしているような状況といえます。ぶつけた相手方の物によっては、多大なる社会的な損害に発展をしたりしてしまうような事態になったりするような場合もありますので、やはり注意が必要である事には変わりがありません。そうした物損での交通事故においての場合の、現場での対応方法についてですが、この場合も安全な場所に自分の車両を停めて、その損壊した相手方の物の損害の状態を確認をしたうえで、まずは自身の自動車保険の加入をしている保険会社の担当者や交通警察に連絡をして、その現場の状況をありのままに伝えます。

そして、もし相手方の所有者である人物がたまたまその場にいたり、あるいは後から来たりした場合には、示談などをしないで、保険会社の担当者や警察関係者、車両事業者などが到着をするのを待ちます。それらの人々が到着をした時点のうえで、相手方の損害を受けた物件の所有者である人物を交えながら、被害の状況や相手方の被害を受けた物件に関しての加入保険の有無、相手方所有者から見た事故の状況についての意見交換などを行います。そして、保険に加入をしたりしていた場合には、その相手方人物か加入をしている保険会社の担当者を交えて話し合いを自分の自動車保険会社の担当者とともに行い、過失相殺についての検証を行うようにします。そのうえで後日、補償のあり方についての交渉を行うというような流れになります。